仁戸急の路線について

赤:月之木にとな

黒:牛尾朔夜

仁戸急ってよく乗るんだけど、いまだにどこまで行くか分かっていないんだよね。とりあえず津田沼に行くんだよね??

 

うん。行くよ。仁戸急には二つの路線があって、一つ目は津田沼から花見川団地、東千葉などを通って鎌取に行く本線、もう一つは作草部で分岐してみつわ台の団地の中を通って四街道に行く四街道線だ。

 

あのさ、花見川団地って、どこ??

 

う~ん。花見川団地は千葉市の端っこにあるね。津田沼から東に進んだところにあるよ。

 

花とか咲いているの??

 

きっと咲いているよ。

 

路線図

意外と駅があるんだね。

 

そうだね。仁戸急はカーブが多くて遠回りをする区間もあるから、遠回りする分駅が多くなっているんじゃないかな。あと都会に行く路線と違って、地元の人ばかりが使う路線だから、駅を増やして使いやすくしていると思うんだよね。

 

なんでわざわざ遠回りするの??

 

一部分だけなんだけど、大昔ちょっとだけ使われていた線路をそのまま使っているらしいんだ。その区間を有効活用するために、あえて遠回りさせているんじゃないかな。有効活用できれば、建設費とかも抑えられるだろう??

 

ほぉ。なるほど。牛尾君頭いいね。

 

俺は大したことない。考えた人が頭いいんだよ。

 

殿台とか源って駅の近くに薄い線が描いてある気がするんだけど、これは何??

 

これはみつわ台団地ができる前、確か1973年ぐらいまでだったかな。それぐらいまで使われていた線路の跡だよ。今は道路になっていて、千葉空中電車の車庫の近くを走る場所もある。仁戸急も最近はカラフルな電車が多いけど、千葉空中電車だって負けてないから、移設しなければ賑やかな光景が見られたかもね。

 

千葉空中電車で思い出したんだけど、作草部って乗り換える人が多いんだよね。

 

うん。作草部は賑わうよね。というのは、仁戸急の地図を見てもらえればわかると思うんだけど、仁戸急は千葉駅に行かないんだ。千葉駅に行きたい人は東千葉駅で乗り換えればいいんだけど、東千葉駅は快速が通解するせいで本数が少ない。となると、花見川団地の方から乗ってくる人は本数が多い空中電車の作草部駅で乗り換えた方がいいんだよね。

 

すごく不思議に思ったんだけど、なんで仁戸急は千葉駅通らないの。だって千葉駅行かなかったらめちゃくちゃ不便じゃん。

 

それは、仁戸急ができた時点で、千葉駅は今の東千葉駅あたりにあったからなんだ。

 

え、どういうこと。ちょっと某魔法少女アニメのセリフが浮かんできたんだけど。

 

いきなりアニメのセリフが思い浮かんできたって言われても訳がわからないけれど、とにかく東千葉駅あたりに千葉駅があったのは確かなことなんだ。

 

なんで今の位置になったの??

 

昔の千葉駅は東京方面から勝浦とか木更津とかに行くとき、列車の方向を変えなければいけなかったらしい。そこで、方向を変えなくても進めるよう、今の位置に移したんだとか。

 

正直、最初から今の位置に作れよって話だよね。

 

まあな。でも、元々の千葉の中心部に近い位置に作ろうとしたら、東千葉駅あたりの位置になってしまったんじゃないのかな。あまり歴史とか詳しくないからわからないけれど。

 

歴史詳しくないっていう割に、結構知っているじゃんよ。

 

俺は特定の歴史しか知らないからな。

 

そういえば、仁戸急って東京行かないくせに意外と飛ばすよね。

「短い路線、そんなに飛ばして、どこに行く」なんちゃって。

 

仁戸急は路線も短いけれど、でも単純に線路と家の間が狭いよな。

「狭い路地、そんなに飛ばして、どこに行く」

それはさておき、仁戸急を建設するときに、とある都市を結ぶ電鉄が深く関わったらしいんだ。その電鉄はとにかくスピードを出すことで知られている。

それで、仁戸急電鉄の最初期に運転指導をしていた運転士が、そこの電鉄出身だったんだ。それで、「とにかくスピードを出す」という運転が指導されていき、後輩が指導する立場になり受け継がれ…… こんな感じで仁戸急は「スピードを出す電車」になっていったんだ。

 

えっと、最高速度106km/hだったよね。なんか中途半端な気がするし、そもそも30分間隔の快速しかその速度を出せないはずだよね。

 

仁戸急のポリシーは「速くできるなら無理のない範囲で速く」らしい。直線区間では某快速電車みたいに120km/hを出そうと思えば出せるんだけど、それは割に合わないことなんだ。

というのは、電車を走らせるには線路や設備を維持しなければならない。となると、もちろん維持費がかかる。あと、余りにも速く走ると前の普通電車に追いついてしまう。

そこで、速さと維持費を天秤にかけた結果、「最高速度106km/h」が妥当という判断に至ったんだとか。ざっくり5の倍数で計算しないで、きちんと1km/hごとに計算していったのは「走り屋」のDNAが受け継がれている感じがするな。

 

細かいんだね。でも、そういう人好きだよ。変なところこだわる人とか……

 

そうなんだ。まあ、「最高速度106km/h」は確かに細かくて中途半端な感じがするけれど、それは速さ、そして速さがもたらす乗客への利便に対してメリットを感じているからこそだと思うんだ。だから俺はその中途半端な最高速度を愛しているのさ。

 

※最高速度106km/hは、保安装置ATS上での最高速度110km/hからメーターのズレを考慮して4km/hマイナスしているだけという話もあります。気になる人は仁戸急の偉い人に聞いてみよう。でもまあ、架空鉄道だから偉い人すらいないけど。

 

好きな駅

月之木にとな 「仁戸名駅」

自分と同じ名前の駅があるのって、うれしいよね。あと、月ノ木貝塚の最寄り駅だから好きという理由もある。

牛尾朔夜 「山王駅」

周りは工場だらけ。その中にある仁戸急の車両基地は、電車を見るには最高のスポット。特にお昼の時間帯はいろいろな色の電車が止まっていて、見ていて飽きないですね。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ正式公開日 2018年08月11日