アイデアスケッチをする

あるデザイナーに聞いた話ですが、その方はデザインを考えるときにまずアイデアスケッチをするそうです。とにかく思いついたアイデアを紙に書いていきます。

 

いきなりパソコンを立ち上げて作業しない理由を聞いたら、こんな回答が返ってきました。

 

「アイデアが何もない状態で作業しようとすると、うまくいかないのよ」

 

パソコンを立ち上げたのはいいものの、アイデアが浮かばず、手を動かさないまま一日が過ぎていったということがあったのだとか。それ以来、当時通っていた学校の先生の助言もあって必ずアイデアスケッチをしているそうです。

 

パソコンはあくまで作るための手段であって、目標や目的がなければ良いものを作れません。ですから、制作作業の前にアイデアを出す時間を設け、目標や目的をしっかり確認したうえで制作作業を行います。

 

アイデア「スケッチ」と書きましたが、アイデアは絵ではなく、文字でもよいそうです。もちろん、絵が描けるならそれに越したことはありませんが、漠然としていて絵にするのが難しいアイデアもとにかく書きます。


当ページ最終更新日 2018年08月26日

当ページ公開開始日 2018年08月26日