月夜野考式架鉄メソッド その5

比べていいのは過去の自分だけ

色々な架空鉄道を見ていると、「この架空鉄道凄いな……」と思うことが良くあります。自分の架空鉄道とその架空鉄道を比較して、自分の架空鉄道に対して劣等感を感じることもあるかもしれません。

 

でも、他人が作った架空鉄道と単純比較するのはよくありません。私はいつも「十人十色」という言葉を意識して架空鉄道を考えています。誰一人として同じ人間はいませんから、そもそも育った環境や思想が異なるわけです。他人の創作物と比較するということは、走行環境や文化が大きく異なる日本の新幹線とフランスのTGVを単純比較するようなことです。

 

過去の自分が作った架空鉄道と比較したとき、「成長したな」と感じることができれば十分なのです。


当ページ最終更新日 2018年08月26日

当ページ公開開始日 2018年08月26日